top of page
検索
  • 執筆者の写真KYOKO

すべてを活かしたい


こんにちは。ゼロプロジェクトのKYOKOです。


もうすぐ、パキスタンから余剰の革で作られたバッグが届きます。

オンラインショップで販売させていただきますので、どうぞ楽しみにお待ちいただけたら、と思います。


どのようにお届けするのか、スタッフ一同、真剣に考えました。

バッグがしっかりと保護できて、環境に優しい資材を探しに探した結果、やっぱり


『段ボール』 に戻ってきました。


段ボールは、そのほとんど(ある会社は98%だそう!)が分別回収された段ボール古紙からできていて、何度も再生されるものなのです。


配送に使われた段ボールは、できるだけ再利用していただきたいし、また新たな資源として活かしてほしい!

そのため、メッセージカードを作ることにしました。



このメッセージカードも、余ったカード用の紙を活用しています。


そして、個人的なことで申し訳ないのですが、、、

この余ったカード用の紙は、2年前に亡くなった私の父の遺品でした。

定年退職した後、パソコン学校に通って自分の名刺を作ったりしていたのでしょう、たくさん作る予定だったのか、

未開封のカード1000枚分の紙が出てきたのです。







ゼロプロジェクトは、ごみをゼロにする活動を、まったくのゼロからスタートしています。


大切なバッグを大切にお届けしたい思いと、この世からごみをゼロにしたい思い。

このままではごみになってしまうモノたちに、光を当てて、

最後まで使って、活かしたい!に本気で取り組んでいます。




閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page