top of page
検索
  • 執筆者の写真KYOKO

記録的な災害


記録的な雨が降り続き、

テレビのニュースから、

「記録的」「○○年に一度の」

「いまだ経験したことのない」

「観測史上最大の」

などなどの言葉が聞こえています。


まずは命を守る行動が必要ですが、

その次には、日頃からの防災の意識、

治水など、災害が発生しないための準備、

となりそうです。 


しかし、今回の記録的大雨にしても、

数十年に一度から、数年に一度というふうに、

頻繁に起こるようになっています。

前回の大きな災害は、わずか3年前だったと記憶しています。



このような状況を、実際に被害に遭われた方は、

どのように感じられているのか、と気になります。

テレビのニュースで、インタビューに答えられている方は、


かなり明るく、開き直ったような、

サバサバした言葉を語られていましたが、

比較的前向きな方だから、インタビューに答えてくれたのかもしれません。


去年、パキスタンでは、国土の3分の1が水没したと言われる大洪水に直面しています。


原因は、温度上昇による降雨量の増加に加えて、

熱波による氷河の溶解が主なものです。

パキスタンの気候変動大臣の発言は、

「温室効果ガスが私たちの気候を“生き地獄”に変える」

「パキスタン自体は世界のCO2排出量の1%未満」

というもので、あきらかに先進国のあおりを受けていると言い、

実際にその通りだと思えます。


日本の各地の、異常気象による災害も同じだと思います。


なぜそこに住むのか?と言われたら、

まるで被災した人を非難しているようです。

私だって、もし自分の町が災害に遭ったとしても、

そこに暮らしがあるのだから住んでいたいと思います。


避難や防災、治水、などとともに、

異常気象の原因に取り組むべきで、


それはSDGsの考え方にもあります。


一人一人がほんの小さなことからでも、

地球環境にとって、よくなる行動をしていけば、

確実に変わっていけると思うんです。


節約のために安価なものを使い捨てることより、

少し高くても、長く使える環境に優しいものを求めるとか、


カフェでマグカップを選ぶことだって、小さな一歩になると思います。


環境のことを考えるのが、当たり前の世界にこれからなります。

楽しく、先取りしていきたいと思います。






閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page