top of page
検索
  • 執筆者の写真KYOKO

学ぶ、ということ

私は日本に生まれ育ち、限られた地域の中で暮らしてきました。

その中でも、思い通りにならないことがたくさんありました。

もっと、〇〇だったら、、、そう思いながら生きていた時、

ある本に出会いました。


「世界がもし100人の村だったら」

その本が日本で出版されたのは、2001年の終わり、

頭をガツンと殴られたような衝撃を受けました。


本では、当時の人口は63億人となっているので、現在とは少し割合が異なっていると思います。



大学に行けるのはたった1人


という記述に目を疑いました。

(ちなみに、統計では2016年では7人だったので、今はもう少し多くなっているかもしれません)


日頃の不満なんかが吹き飛ばされる気がしました。

日本に生まれたことさえ、奇跡みたいじゃないか。

私がなぜ日本人として豊かに暮らせているのか、

これには、なんらかの意味があるのではないか、、、


そう考えるきっかけになった出来事です。


また、自分の周りだけを見て、無いものを苦痛に思う毎日に疑問を持ち、

「世界」という広い視野を持つことを考え始めるきっかけでもありました。



パキスタンは、学校に行っていない子どもの数が、

世界で二番目に多い国だそうです。


(学校に通えない子どもの数が多い上位10カ国は、インド、パキスタン、ナイジェリア、エチオピア、中国、インドネシア、タンザニア、バングラデシュ、コンゴ民主共和国、スーダン)


そして、国の4割の人々は、基本的な読み書きができないそうです。


私たちが、日本にいて、当然の権利として、

時には文句さえ言いながらも享受してきた、


学ぶ、ということ


それが、まったく異なる場所がある。


私たちにできることは何だろうか、問いかける毎日です。





閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page