top of page
検索
  • 執筆者の写真KYOKO

パキスタンのイメージ


パキスタンの柔道代表選手



パキスタンに一時帰国されており、



彼から、「今、パキスタンは危険です!!」のお知らせが。

おそらく政治的な対立による衝突のことではないかと思います。








パキスタンは、危険な国かーーーーーー


2007年に、アジア初の女性首相ベナジールブット元首相が暗殺されたり、

高級ホテルがテロで爆破されたり。


また、皆さんご存知の、マララ・ユスフザイさん。パキスタン・タリバンに銃撃を受けましたが、一命を取り止め、のちに最年少のノーベル賞受賞者となったことは、記憶に新しいところではないでしょうか。

マララさんは、パキスタンでも北部の、アフガニスタンとの国境近くの州の出身です。



マララさんの著書も読みましたが、生き生きとした今どきの若い女性、という感じがしました。


彼女の事件は大変有名になりましたが、私はといえば、

あれがパキスタンの出来事だと知ったのは、

このプロジェクトに関わってからのことでした。

それまでは、アフガニスタンか、その近辺のイスラムの国のどこかの出来事、、とぼんやりとした知識しかありませんでした。





話は少し逸れますが、私 KYOKOは、福岡県北九州市に生まれて育って現在に至ります。他の地方の方から、北九州市怖い、修羅の国、マルボウの巣、、みたいに思われることも多かったようですが、私からすると、とても住みよい愛すべき街なのです。

確かに、怖い場面を見たことも無いわけではないですが、普通にまっとうに、安全に楽しく暮らしてきました。


もしかしたら、パキスタンのことも、それに近いものがあるのではないかと、勝手ながら思っているのです。


先日、少しだけお話ししたパキスタン出身の男性が仰るには、


カラチ!行ってはダメ!!

イスラマバードやラホールなら、良いのだけど。


でも、お話を聞くと、彼の出身はラホール。カラチのことは、噂で聞くから、ということでした。


もちろん、彼の言葉に嘘はないでしょう。でも、本当はどんなところなのか、


それは、自分で味わってみないとわからないのだろうな、と思っています。


ただ、私の知っている何名かのパキスタンの方は、シャーさんをはじめとして、

親切で、人懐っこく、女性は活発でいきいきとしており、男性は、女性にとっても優しいと感じています。

どこの国にも、危険な考え方の人はいますし、現に世界で一番安全な国と言われているこの日本ですら、元首相があのような事件の被害にあったのですから。


私も、先入観なしに、しかし情報は情報として持っておき、

パキスタンの皆さんとお付き合いしていきたいと思っています。






閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page